母乳とうまく向き合う方法

母乳とは、赤ちゃんを出産した時に分泌される「プロラクチン」という物質が作る、赤ちゃんへの最高の栄養源です。 母乳には、人工の粉ミルクには含まれていない免疫力を高める栄養分が含まれている他に、乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防や、乳児の腸内トラブルの予防など様々な利点があることから母乳育児が推奨されています。

しかし、誰でもスムーズに母乳が出るとは限らず、母乳が出なくて諦める方や、乳腺炎で断乳せざるを得ない状況になる場合もあります。母乳を赤ちゃんに与えたいのであれば母乳に対する基礎知識をしっかり持ち、うまく向き合っていく方法を学びましょう。 ここでは母乳育児をする上での生活習慣や、授乳中に控えることなど、母乳育児のノウハウを紹介します。

◯母乳育児をする心得とは 「母乳は出産をすればスムーズに分泌されるもの」という概念は捨てて下さい。母乳が分泌されるホルモン「プロラクチン」が増えても、脳に母乳を作る指令を伝えないと充分な母乳が分泌されません。 指令を伝える方法は赤ちゃんが乳首に刺激を与えることです。赤ちゃんが満足する母乳の量を分泌したいのであれば、とにかく授乳することが一番の解決策です。

「授乳する」という行為は母親と子供の絆を深め、お互いのコミュニケーション力を高めることができます。 母乳の量が安定してくるまでは、回数が多くて大変ですが「子供との特別な時間」として前向きに取り組みましょう。大変な毎日が子供の健やかな成長を助けてくれます。

○注目サイト
母乳不足の解消を促すハーブティーを販売している通販サイトです・・・母乳 不足

母乳に良い生活習慣とは

最初に記載した通り、母乳は出産すればスムーズに分泌されるものではありません。 母乳を分泌するには赤ちゃんが乳首に刺激を与える他にも、生活習慣を正し、体調管理を心掛けることも重要な事です。 ここでは母乳育児中の正しい生活習慣について紹介しま・・・

母乳に良くないこととは

母乳の基礎知識や正しい生活習慣を学んだあとは、母乳に良くないことを知りましょう。 母乳に良くないことは母乳の質を下げ、時には母乳育児を断念せざるを得ない残念な結果を招きます。 正しい知識を身に付け、日頃から意識していく事が大切・・・

Copyright ©2014 母乳の豆知識 All Rights Reserved